米自転車メーカー「スペシャライズド」日本初コンセプト店

スペシャライズド
米自転車メーカー「スペシャライズド」は4月下旬、外苑前駅近くに日本初の直営コンセプトストアを開設する。

スペシャライズド社は、1974年カリフォルニアで創業、80年代に世界で初めてマウンテンバイクを量産化したメーカーとして知られる。自転車は欧州のプロ・ロードレース「ツール・ド・フランス」やオリンピックなどのレースでも使用されるほか、クロスバイク、キッズバイクなどのカテゴリーも展開。日本ではダイワ精工(東久留米市)が1990年から続けてきた総代理店契約を昨年4月いっぱいで終了、日本法人のスペシャライズド・ジャパンが国内販売を引き継いだ。

 日本初のコンセプトストア「スペシャライズド・コンセプトストア」は、外苑西通り「神宮前三丁目」交差点、6階建てビルの1~2階部分に開く。延べ床面積は約190平方メートル。昨年夏、上海に開いたスペシャライズド初の直営ショップに次ぐ世界2店舗目の直営店として、コアユーザー、初心者を含む幅広いユーザーに情報を発信、ブランド認知拡大につなげる。

 オープン当初は、自転車約50台に加え、ウエアやヘルメット、グローブなどのアクセサリー類を展開する予定。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com