VAIO春モデル第2弾--プレミアムデザインの「type T」、新テレビサイドPCなど19機種

VAIO
 ソニーは1月29日、VAIO春モデルの第2弾として、「type A」「type R master」「type F」「type N」「type T」およびテレビサイドPC「TP1」の6シリーズ 計19モデルを2月9日より順次発売すると発表した。

 新製品では基本性能の強化を実現し、type Aおよびtype R masterには、インテルの最新アーキテクチャーを採用。type R masterおいては「Intel Core 2 Extreme QX9650」、「Intel Core 2 Duo E8500」、「Intel Core 2 E8400」、「Intel Core 2 E8200」を選択可能にし、より快適にそして高度なAV編集を楽しめるスペックを備えた。

 また、TP1の店頭販売モデルにBlu-rayディスクドライブを搭載。この発売によりVAIOのBlu-rayディスク対応モデルは全5シリーズ計23モデルとなる。type Fおよびtype Nでは、従来のラインアップに対し、搭載メモリを2Gバイトに倍増したモデルをそれぞれ追加した。

 さらにtype TのVAIOオーナーメードモデル・法人向けカスタマイズモデルとして、天板デザインに4種類のプレミアムデザイン「モードメッシュ」「エレガントフラワー」「モダンテキスタイル」および「ロマンティックフロスト」を追加。2月8日から先行予約販売を開始する

 プレミアムデザインの展開は、発売中の「type S プレミアムバージョン」に次ぐ2シリーズ目。インクの量を加減することで表面に凹凸の質感を表現したり、1200dpiという高い解像度でグラデーションや精緻な図柄を表現できる、ダイレクトプリント技術を採用している。

 モバイルPCを「身に纏う」というtype Tのコンセプトにふさわしいクオリティを提供する。これによりtypeTでは、従来カラーとあわせて全10種類の中から好みのデザインを選択できるようになる。

ソニースタイル

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com