スウィーニー・トッド

スウィーニー・トッド
『シザーハンズ』、『チャーリーとチョコレート工場』に続き、鬼才ティム・バートンとジョニー・デップの黄金コンビが贈る、悲しくも痛快な復讐劇『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』。全世界がこの作品に注目する中、12月3日(日本時間4日)、米・ニューヨークにて本作のワールドプレミアが開催され、ジョニーはバートン監督やアラン・リックマンら共演者とともに出席した。

気温マイナス3度、雪散る寒空の中にも関わらず、会場であるジーグフェルド劇場前に敷かれたレッドカーペットには、ジョニーを一目見ようと約500人ものファンであふれ返った。そして午後7時40分過ぎ、ジョニーがリムジンで到着すると大歓声が沸き起こり、車から降りたジョニーはさっそく求められる握手とサインに応じ、丁寧に時間をかけてファンサービス。今回、バートンとの6度目のタッグとなる本作で、初の殺人鬼役にして歌声も初披露しているジョニー。「ティム・バートンは素晴らしい映画製作者だし、素晴らしい友人だし、僕にとっては兄弟みたいな存在なんだ。それと、(作詞・作曲の)スティーヴン・ソンドハイムによる素晴らしい音楽との組み合わせで、出演できて光栄だよ」とコメントを残した。また、この日会場には前作『パイレーツ・オブ・カリビアン』でジョニーと親子を演じたキース・リチャーズの姿も! 共演以来の再会を果たし、本編世界初上映の場に花を添えた。

ティム・バートンが長年の構想期間をかけた念願の一作だけに、早くも2008年アカデミー賞の呼び声高い『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』。その日本上陸を前に、なんと12月6日(木)よりYahoo!動画にて、ジョニーが劇中で披露した歌声特別映像が掲載される。12月21日(金)の全米公開に続き、日本では来年1月19日(土)より丸の内ピカデリー1ほか全国にて公開。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com