ルイ・ヴィトンの新作 “華”のある男靴

www.styleate.com ルイヴィトン
色鮮やかな女性たちのパンプスに比べれば、男の靴は元来地味とならざるを得ないのだが。ルイヴィトンから新しく登場したレースアップシューズは、バッグなどでもお馴染みのモノグラム・フラワーがアッパー(甲革)にあしらわれており、今までの男靴にはない華やかさだ。もともと伝統的なウィングチップには、ブローギングまたはメダリオンと呼ばれる「打ち抜き飾り」が甲に施されているが、ルイヴィトンはそうしたクラシックな装飾を、より華やかに進化させた。

www.styleate.com ルイヴィトン

靴の製法には、ブレイク製法が採用されている。アッパーとインソール(中底)、アウトソール(表底)を縫い合わせ、更にアウトソールからステッチがのぞかないように仕上げている。このため軽やかなフィット感と、すっきりスマートなフォルムが実現した。ビジネスにはもちろんだが、デニムなどの足元にも、華のあるアクセントとなる。

www.styleate.com ルイヴィトン
一方、新作ローファーは、サドル部分にLVのシグネチャーが型押しされたシンプルなデザイン。この型押しレザーは、ルイ・ヴィトンのハード・トランクにも使われている“ロジン”と呼ばれるヌメ革をモチーフにしたもの。足をソフトに包み込むモカシン製法で仕立てられ、ラバーソールにはモノグラム・フラワーが。足を組んだときにチラとのぞく花柄が絵になる一足だ。

ルイヴィトン

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com