「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT」

styleate.com|ルイヴィトングッチ
 今回投入された「HP Pavilion Notebook PC dv6500/CT」は、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)の個人向けノートPCにおいてメインストリームに位置付けられる製品で、15.4インチのワイド液晶ディスプレイ(1280×800ドット)を搭載したインテルプラットフォーム機「dv6200/CT」の後継モデルに当たる。1モデルでの展開となるが、従来通り同社の直販サイト「HP Directplus」での仕様変更が可能だ。なお、AMDプラットフォーム機の「dv6205/CT」は継続して販売される。

 最大の特徴は、インテルから発表されたばかりの次世代プラットフォーム「Santa Rosa(開発コード名)」を採用したことだ。チップセットは統合型のIntel GM965 Expressを搭載し、CPUにはFSB 800MHz対応のCore 2 Duo T7300(2.0GHz/L2キャッシュ4Mバイト)と同T7100(1.8GHz/L2キャッシュ2Mバイト)が用意されている。無線LANはIEEE 802.11nをサポートした「Intel Wireless Link 4965AGN」(開発コード名:Kedron)ではなく、IEEE802.11a/g/b対応の「PRO/Wireless 3945ABG」+Bluetooth 2.0を内蔵する。

 現時点でNAND型フラッシュメモリを使った「Turbo Memory」のオプションはなく、グラフィックス機能もチップセット内蔵のIntel Graphics Media Accelerator X3100のみだ。ちなみに、メモリは1024Mバイトか2048Mバイト(PC2-5300)から、HDDは80/120/160Gバイト(いずれも5400rpm)からの選択となる。

 もう1つの見どころは、液晶ディスプレイの背面とパームレストに新デザインの「ZEN-Design Shizuku(雫)」を導入したことだ。これまでは、禅寺の石庭をイメージした「ZEN-Design Samon(砂紋)」を継続採用していたが、新しいパターンが早速登場した。もちろん、HP Imprintと呼ばれる光沢感のある表面塗装は健在で、見ためのよさとキズのつきにくさを兼ね備えている。
www.styleate.com|ルイヴィトンクロエ
 OSはWindows Vista Home Premiumで、dv6200/CTと異なり前面の光デジタル音声出力機能が省かれたほか、オプションのWebカメラの画素数が1.3メガから0.3メガにダウンした。一方、新たに指紋認証ユニットがBTOメニューに加わり、選択時は右パームレスト上部(カーソルキー下)にユニットが内蔵される。価格はWebカメラとのセットでプラス3990円だ。なお、ExpressCardスロットに収納可能なHPモバイルリモートコントローラは標準で付属する。

 発売は5月10日から行われ、最小構成価格は12万9990円となる予定だ。

HP Pavilion Notebook PC

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com