アウディ、大型SUV「Q7」に3.6リッターV6モデルを追加

www.styleate.com || ルイヴィトン/クロエ/グッチ
 アウディ・ジャパンは、同社初の大型SUVであるQ7に「アウディQ7 3.6FSIクワトロ」を追加して発売した。

 今回新たに導入されたのは、新型3.6リッターV型6気筒FSIガソリン直噴エンジンを搭載したモデル(従来型は4.2リッター・V8)。最高出力は280馬力、最大トルクは360Nmを2500~5000rpmの間で発揮する。
 0~100km/h加速は8.3秒、最高速度は225km/h(アダプティブエアサスペンション仕様車は230km/h)と、大型SUVとしては十分なパフォーマンスを持つ。

 トランスミッションには6速ティプトロニックATが組み合わされ、もちろん駆動方法には、(通常)フロントとリヤに40:60の割合でトルクを分配するクワトロ・フルタイム4WDシステムを採用している。

 装備面では従来のV8モデルと同様に、サイドビューカメラ、音のガイダンスによるアウディパーキングシステム、ヒルディセントアシスト(坂道走行時のアシスト機能)などを標準装備したほか、アダプティブクルーズコントロールをオプション設定している。

 なお、従来モデルである「4.2FSIクアトロ」は7人乗りを標準としているが、今回追加される「3.6FSIクアトロ」は5人乗りが標準で、オプションで7人乗りが選択可能となる。

 価格は698万円(税込)。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com