“Tシャツのユニクロ”原宿に専門店 常時500柄

www.styleate.com||ルイヴィトンクロエ
 カジュアル衣料品大手のユニクロは13日、常時500柄のTシャツをそろえたTシャツ専門店「UTストア・ハラジュク」を28日に東京・原宿にオープンすると発表した。

 コンセプトは「Tシャツをもっと自由に楽しく」。毎月新しい柄を発売し、年間1000柄程度を展開する計画。缶飲料に見立てたパッケージ入りで、価格は1枚1500円。

 店舗は4階建て、1~3階が売り場、4階がギャラリーで、売り場総面積は560平方メートル。

同社は、16歳以上の男女が1年に1度は必ずTシャツを買い、国内で市場規模が7000億円以上あることなどから、専門店の設置を決めた。

 Tシャツ柄は、同社が毎年行っている公募形式のデザイン賞の入賞作品や審査員の作品なども並ぶ。今年は建築家の隈研吾氏、映画監督のヴィム・ヴェンダース氏らが担当した。

 会見した柳井正会長兼社長は「Tシャツほど可能性を秘めた衣類はない。世界一のTシャツを作り、世界で発売していきたい」と抱負を述べた。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com