TI、携帯電話に搭載可能な超小型ビデオプロジェクタを披露

www.styleate.com[ルイヴィトン@ハワイ@ワイン]
 Texas Instruments(TI)は、現在フロリダ州で開催中の「CTIA Wireless 2007」トレードショーにて、同社のデジタルライトプロセシング(DLP)技術をベースとした「超小型」プロジェクタの公開デモを実施している。同製品は、携帯電話に収まるほどの小さなビデオプロジェクタだ。左は、大画面テレビ等に搭載されている標準的なDLPチップ。右は、プロジェクタを搭載する携帯電話向けのDLPチップ。右のチップでもサイズは小さいが、かなり大きな画像を投影することができる。TIは、これらのチップを携帯電話に搭載することで、携帯電話を使用してより快適にビデオを見ることができるようにするとともに、当然ながら、より多くのチップの販売を狙っている。

 TIは、2007年の初めに開催された「Consumer Electronics Show(CES)」で、一部の記者に対して同製品のコンポーネントと試作品を披露した(CESでは、同社は試作品の写真撮影を禁止していたが、今回は許可されている)。携帯電話に実際に搭載されたプロジェクタの実物大の模型。電話部分は模型だが、プロジェクタは実際に機能する。当然ながら、今日市販されているプロジェクタのない一般的な携帯電話と比較して、多少サイズは大きい。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com