「ダ・ヴィンチ展」、20日から一般公開

www.styleate.com 東京・上野の東京国立博物館で20日から特別展「レオナルド・ダ・ヴィンチ――天才の実像」(朝日新聞社、NHKなど主催)が始まるのを前に、開会式と内覧会が19日開かれ、約1700人が参加した。

 式には常陸宮ご夫妻やイタリアのフランチェスコ・ルテッリ副首相兼文化財・文化活動相、マリオ・ボーバ駐日大使、近藤信司文化庁長官、秋山耿太郎朝日新聞社長らが出席。ルテッリ副首相は「日本の皆さんがイタリアの文化を愛して下さるお返しに『受胎告知』を持ってきました。日伊交流の懸け橋になってほしい」と、あいさつした。

 展覧会は6月17日まで。同館にダ・ヴィンチの作品が展示されるのは「モナリザ」以来33年ぶりで、当時と同じく本館特別5室に「受胎告知」だけが展示された。

 隣接の平成館では、ダ・ヴィンチが手がけた可能性の高い彫刻「少年キリスト像」をはじめ、残された手稿をもとに制作された模型や映像など約100点が紹介される。

公式サイト

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com