3,000本収容の古城の地下セラー、ワインラウンジ「BANQUE(バンク)」が3月13日六本木にオープン

ワインならwww.styleate.com忍者屋敷を模したエンターテイメントレストラン「NINJA Akasaka」を運営するウィルプランニングの親会社、株式会社エム・ティ・ケイ(本社・東京都渋谷区、代表取締役・横川 正紀氏)は、ワインをコンセプトにした新しいワインラウンジ「BANQUE(バンク)」を3月13日六本木にオープンする。
店名の意味するとおり、同店は3,000本の古酒が収容できる特注セラーを備えた“WINE BANK”。大量のワインと思い出をストックしていきたいとの願いからこの名が付けられた。
注目のワインは、フランス産と国産の自然派を中心に約1,500本。オールドヴィンテージを1800年代から在庫で用意し、1960年代以降においては全てのヴィンテージがストックされ、特別な夜のために出番を待っている。
ワイングラスは全てリーデル社の“ソムリエシリーズ”を使用しており、グラスシャンパン(1,260円~)、グラス白ワイン6種類(1,050円~)も贅沢な気分で愉しめる※赤ワインはボトルのみの提供。
フードメニューは「国産無添加生ハム 30g」(1,890円)、「阿蘇クララファーム高菜入りチョリソー」(1,050円)など、国産無添加を意識して取り寄せた逸品が並び、多彩なワインに合わせるため料理のジャンルにはとらわれない。
“フランスの古城の地下室”をテーマにした幻想的な店内は、「NINJA Akasaka」や「横浜らーめん博物館」などを手掛けたグラフィクスアンドデザイニングの相羽 高徳氏がデザイン。ロゴは同社、鬼丸トシヒロ氏が担当した。
ワイン業界に今度はどんなマジックを繰り広げてくれるのか注目したい。

BANQUE

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com