ランボルギーニ、高性能ガヤルドを発表

ブランド styleate.com ランボルギーニ
 アウトモビリ・ランボルギーニは、ガヤルドシリーズにトップモデルとなる高性能スポーツカー、ガヤルド・スーパーレジェーラを新たに設定すると発表した。

 このスーパーレジェーラは、ベースモデルとなるガヤルドからさらなるパワーアップ(10馬力の向上)と100kgの軽量化(米国向けでは70kg)を行い、パワーウエイトレシオはわずか2.5kg/馬力となる。0~100km/h加速はわずか3.8秒。標準モデルよりも0.2秒短縮され、あらゆる走行条件でスピードと存在感を示すという。トランスミッションには、ステアリング・ホイールから手を離すことなくシフト操作が行える“eギヤ”を標準装備。最新型の4961cc・V10エンジンを搭載し、最高出力は530馬力/8000rpmを発生する。もちろん、排出ガスは厳格なEURO4とLEV II基準を満たしている。

 また軽量化にともない、エンジンフードは、カーボンファイバーと透明なポリカーボネイトを組み合わせたものとされ、軽量性を確保しつつ超高性能V10 エンジンを車外から眺めることもできるという。さらに、リヤのディフューザとアンダーボディ・カバー、ドアミラー、ドアパネル、センタートンネル・カバーなどもカーボンファイバー製。ガラスの一部を透明なポリカーボネイトに交換し、アルカンタラを張ったモノコック・カーボンファイバー・スポーツシートも採用している。
 
 ボディカラーは、MidasYellow(マイダス・イエロー)、Borealis Orange(ボレアリス・オレンジ)、Telesto Gray(テレスト・グレイ)、Noctis Black(ノクティス・ブラック)の4色となる。なお、新型ガヤルド・スーパーレジェーラは、2007年3月からディーラーネットワークを通じて販売が開始される予定だが、その生産台数はガヤルドの標準モデルよりも少なく抑えられるという。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com