「歩行者向けエアバッグ」年内にも商品化 トヨタ車などに搭載の見込み

自動車に搭載されている安全装備の一つ、エアバッグが歩行者向けへと機能を拡大する。トヨタグループの豊田合成(愛知県春日町)が開発し、トヨタ自動車など完成車メーカーとエアバッグの収納場所などの共同検証を進めており、早ければ今年度中にも新型乗用車に搭載される見込みだ。
 歩行者用エアバッグは、衝突時にフロントウインドーやワイパーの取り付け部とピラー(フロントウインドーを支える支柱)など、車体の硬い部分をエアバッグが外側から覆う仕組み。交通事故に歩行者が巻き込まれて死亡する原因の多くは、車と衝突したときに跳ね上げられ、フロントウインドー付近に頭部を強打するケースが多いという。
 今回の歩行者用エアバッグでは、フロントウインドー付近の車体をエアバッグで覆うため、はねられた後の歩行者の衝撃を和らげることが可能となる。

 豊田合成では「開発は完了している」(松浦剛社長)としており、今後はトヨタなど完成車メーカーと共同で、具体的なエアバッグの装着方法や実効性などについて協議していく。

 すでに豊田合成は、トヨタグループの日野自動車と共同でエアバッグがバンパーの下から飛び出し、路面とのすき間をふさいで衝突した歩行者がタイヤに巻き込まれるのを防止するトラック向けの歩行者用エアバッグを開発。一部の運送会社が試験導入している。

 自動車に装備するセーフティーシステムは年々、高機能化しており、歩行者用エアバッグについては今後、世界的にニーズが高まるとみられている。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com