シャープ、世界最大の108インチ型液晶テレビを公開--発売は今夏を予定

High-End life Style
 シャープは、Consumer Electronics Show(CES)開幕前夜の米国時間1月7日に記者会見を開き、世界最大の108V型液晶テレビを披露した。

 このような巨大画面テレビの市場は小さいが、価格は時間の経過に伴って低下するし、懐疑的な見方のあったほかの大画面テレビも顧客を獲得している、とシャープ幹部らは指摘する。今回披露された108V型液晶テレビの発売は今夏で、価格は未定。

 Sharp Electronics AmericaのシニアバイスプレジデントBob Scaglione氏は、「65V型液晶テレビを発売したときは、これを疑問視する声が多かった」と明かした。このようなテレビは民生機でも売れる、と同氏は述べている。

 さらに重要なことは、このテレビが、プラズマテレビ業界と競合液晶メーカー各社に対する挑戦状である点だ。108インチの液晶は、既に発表済みの現在最大のプラズマテレビより大きいと、シャープの最高経営責任者(CEO)藤本俊彦氏は指摘している(プラズマテレビの最大サイズは約105インチ)。同テレビはまた、プラズマテレビより解像度が高く消費電力は低いという。こうちた大型テレビで採用されている技術は、いずれ小型の量産モデルにも投入されていくようになる。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com