モーツァルトの初期ピアノ曲発見 オーストリアで報道

 作曲家モーツァルト(1756~91)の初期の作品とみられるピアノ曲が18世紀の楽譜集の中から新たに見つかった。オーストリアの地元放送局ORFが27日報じた。作品は29日、モーツァルトが生まれ育ったザルツブルクで演奏される。世界各地で様々なイベントが行われたモーツァルト生誕250周年の今年は、未発表作品の発見、初公演で締めくくることになりそうだ。

 ORFなどによると、楽譜集は、モーツァルトの父レオポルトとゆかりがあったピアノ教師ら2人が本にまとめた。数カ月前に、所有者からザルツブルク大司教区の資料管理責任者エルンスト・ヒンターマイアー氏に提供されたという。

 同氏はピアノ小曲118作品を含む本の中に「ウォルフガング・モーツァルトのアレグロ」と書かれた楽譜を発見。「アマデウス」の名を使う以前の1760年代前半の作品と推定され、モーツァルトが8~9歳ごろに作曲した可能性が高いという。また、楽譜集には、モーツァルト作の可能性がある作品がもう1曲あるとしている。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com