「第2の地球」を探せ 仏が探査機打ち上げ

High-End Life Style  フランス国立宇宙研究センター(CNES)は27日、カザフスタンにあるロシアのバイコヌール宇宙基地から、「第2の地球」ともいえる太陽系外の惑星を探す探査機「コロー」を打ち上げた。

 太陽以外の恒星を回る惑星は、1995年にスイスのチームが発見して以来、約200個が見つかっている。ほとんどが木星より重いガス惑星で、固体惑星である地球にいるような生物は生存できない。コローは、生物存在の可能性が高い、地球の大きさの数倍までの固体惑星の発見を目指す。

 協力している欧州宇宙機関によると、コローは地球の周囲を回りながら、口径30センチの光学望遠鏡を使って約2年半の間に12万個以上の恒星を探索。惑星が恒星の前を通過する際に、恒星からの光がわずかに暗くなる現象を検知して惑星を見つける。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com