敬愛なるベートーヴェン

High-End Life Style
日本の年越しに欠かせない「第九交響曲」をはじめ、「エリーゼのために」、「運命」などベートーヴェンの曲を知らない、聴いたことがないという人はまずいないだろう。そんな世界中の人々に愛され続けている偉大なる音楽家の晩年、“第九”の生まれた背景を描いた映画が『敬愛なるベートーヴェン』だ。

監督はレオナルド・ディカプリオ主演『太陽と月に背いて』のアグニエシュカ・ホランド。ベートーヴェンを演じるのは彼女と20年来の友人であり、今回が『ワルシャワの悲劇/神父暗殺』、『奇蹟の詩 サード・ミラクル』に続く3度目のタッグとなるエド・ハリス。ピアノ、指揮、写譜を身に着け、狂気とも言える音楽への情熱、難聴がもたらした苦悩、愛を成就できなかった孤独な生涯──心身共にベートーヴェンを演じきった。最大の見せ場である「第九」の演奏シーンは圧巻の一言!

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com