「Google Earth 4」がバージョンアップ

米Googleは16日、「Google Earth 4」の新ベータ版をリリースしたことを明らかにした。Windows版とMac版が新たに公開されている。また、17日にはGoogle Earthのデータが更新され、各地で高解像度の画像が提供されていることも明らかにされた。

 16日に公開されたのはWindows版がバージョン「4.0.2693」、Mac版が「4.0.2694」である。以前のバージョンの「4.0.2416」からのマイナーバージョンアップとなる。このバージョンの新機能として、モデルやリンクをダウンロードする際にプログレスバーが表示されるようになったこと、GPSの標準規格NMEAをリアルタイムで使用できるなったこと、3Dテクスチャモデル表示のパフォーマンスが大幅に向上したこと、Mac版のムービーメーカーが新たな圧縮フォーマットをサポートしたこと──などだ。

 また、修正されたバグとして、ATIグラフィックカードで共有メモリアーキテクチャを古いドライバで使用している場合の互換性問題、不安定な接続状況におけるログインの成功率向上、GPS関係の複数のバグが修正されたことなどがある。

 なお、これらの改良点は英語版のリリースノートにしか記述がなく、日本語版のリリースノートは今回更新されなかった。Google Earth 4を日本語モードで使用している場合、ソフトからは新しい更新があることを確認できないため、新バージョンを利用したい場合には改めてGoogle EarthのWebサイトから最新バージョンをダウンロードしてインストールする必要がある。

Google Earth4

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com