ミニ大復活 自然体で広がりそうな兆し

ミニが久々に大復活しそうな気配だ。ここ数シーズンでスカート丈は少しずつ短くなっていたが、来年春夏のパリやミラノなどの新作コレクションでは、ほぼすべてのブランドが超ミニのスカートやパンツをそろって発表。すでに東京の街角でも、ひざ上20センチを超すミニルックが目立ち始めている。
TKY200611210319.jpg
遠目だと脚が全身の半分以上を占め、モデルの異様な小顔のせいもあるが、まるでアニメのヒロインそのもの。この秋の07年春夏コレクションでは、そんな超ミニが闊歩(かっぽ)した。

 パリのシックなしにせブランド、シャネルは、下着が見えそうなほど短いドレスやスーツをそろえた。前回はひざ丈だったショートパンツも、一気に水着のように短くなった。

 シャネルといえば、ミニが世界的に流行するきっかけとなった1966年春のパリ・オートクチュールコレクションでも、「女のひざ頭は美しくない」との理由でミニを断固として拒否したブランドだった。

 後になってミニも出すようになったが、「これほどの全編超ミニは、シャネルの歴史でも多分初めて」と評判になった。

 プラダは超ミニの中でもさらに際だつ、下着がのぞく短さ。ただし素材に張りがあり、簡潔なデザインに緊張感があるため過度なセクシー感はない。背中の大きなリュックサックと服がほぼ同じ長さで、全身が軽快に見えた。

 いま人気のクロエは、腰の位置の高い、子供服のようなミニドレス。今シーズンは全体的にウエストポイントが高いラインが主流なことも、ミニ化に拍車をかけたようだ。

 今後の服の傾向として、多くのブランドが共通して挙げているのは、「軽さ」「シンプル」「ロマンチック」など。この三つを同時に満たそうとすれば、細部の凝った装飾が必要で、その分だけ重くなる。あるデザイナーは「その解消策としてミニ化が最適」と説明した。

Copyright © 2006 styleate.com All Rights Reserved.
www.styleate.com